ソフトウェア

SolidWorks(ソリッドワークス)を独学したい!勉強する方法まとめ

ソフトウェア

「ソリッドワークスって独学できる?」

電気業界を中心に大きなシェアを誇る機械用3DCAD、ソリッドワークス。

業界への就職や転職を目指す人、スキルアップを図りたい人など、独学で習得したいと考える方は多いのではないでしょうか。

管理人
管理人

結論から言うと、ソリッドワークスは独学できます。

ただし、最初にパソコンやソフトの準備でそれなりの投資が必要となりますし、いざ学習を始めたらエラーの多発で挫折、なんてことも…。

だからこそ、始めるからにはしっかり情報収集して、失敗のないようにしたいもの。今回はソリッドワークスを独学する方法を中心に解説します。

今回のトピックス

  • ソリッドワークスとは?基礎知識
  • ソリッドワークスを独学する方法
  • 自宅で学べるオンライン講座4選
管理人
管理人

パソコンなど必要なものの準備から丁寧に解説しますので、是非参考にしてみてください。

\ 実践形式のトレーニング!/
最速でSolidworksを習得するなら
Solidworksセミナーをチェック

今だけ無料お試しセミナーを開催中!


\週に1回3時間から通学可能/
プロから学び即戦力に!
今すぐ無料で資料請求>>

SolidWorks(ソリッドワークス)とは?どんな特徴がある?

SolidWorks ソリッドワークスとは

(引用:ソリッドワークス公式)

最初に、ソリッドワークスが初めての方のためにどんなものかを簡単に説明しておきます。

SolidWorks(ソリッドワークス)とは?
Dassault Systèmes SolidWorks(ダッソー・システムズ ソリッドワークス)社が開発運用する機械用3次元CADソフトです。

日本においてはソリッドワークス・ジャパン社がソフトの販売やマーケティング、サポートなどを統括。機械系3次元CAD市場でのシェアは50%に及ぶとも言われています(2019年時点)。

ソリッドワークスのコンセプトは「使い勝手の良さ」「手頃な価格」。大企業向けのハイエンドCADと汎用CADの中間にあたるミドルレンジCADという位置付けとなります。

管理人
管理人

機械用3DCADも低価格化が進んで、多くの企業で採用しやすくなっているというわけですね。

特徴1:使い勝手が良い

「今までのハイエンド3DCADは自由度が低いし難しい」といった声をもとに、使い勝手の良さに着目して開発されたのがソリッドワークス。

直感的な操作性で、初心者でも習得しやすいと、高い評価を得ています。

特徴2:豊富な機能

直感的なカンタン操作であっても、機能が不足していては本末転倒。

ソリッドワークスなら豊富な機能で、快適な3次元環境を実現できます。「2次元ベースの3次元CADではイマイチ…」といった不満を解消します。

また、開発の現場で情報を共有できる「部門間連携」にも優れています。

特徴3:リーズナブルな価格

ソリッドワークスはリーズナブルな価格にもこだわりを持っています。2022年12月現在、ソリッドワークスのライセンス価格は1,138,500円税込〜。

ハイエンドクラスの3DCADと比べて、大幅にコストを抑えることができるのも魅力の1つ。大企業といえども、コスト削減は大事ですからね。

管理人
管理人

といっても個人の感覚ではまだまだ高い、というのが正直なところ。

個人の学習用としては、もっと格安なライセンスが用意されていますので、後ほどご紹介します。

SolidWorks(ソリッドワークス)は独学できるか

SolidWorks ソリッドワークス 独学できるか

ソリッドワークスは独学できるのか、という点については最初にお伝えした通り、独学は可能です。ですが、ある程度時間をかけてじっくり取り組む必要はあります

ソリッドワークスは「使い勝手が良い」とお伝えしましたが、とはいっても3DCADならではの難しさがあることは事実なのです。

それから、独学するにしても自宅で実際に手を動かして学習できる環境は必須です。教材を読んで覚えるだけでは、どうしても限界があります。

管理人
管理人

独学でソリッドワークスをマスターするには、パソコンとソフトをそろえること、そして根気強く取り組む覚悟が必要です。

次からは、具体的にパソコンとソフトをそろえるところから見ていきましょう。

SolidWorks(ソリッドワークス)を独学する方法

ソリッドワークス 独学する方法

ソリッドワークスを独学する方法について、ステップを踏んで解説します。

◆ソリッドワークスを独学する方法

  • STEP1:学習環境を整える
  • STEP2:書籍で勉強する
  • STEP3:オンライン教材で勉強する
  • STEP4:分からないことはwebで調べる

ではSTEP1から順番に見ていきましょう。

STEP1:学習環境を整える

まずSTEP1は「学習環境を整える」です。
先ほどお伝えした「パソコンとソフト」をそろえるところから始めましょう。

どんなパソコンがおすすめ?

3DCADを扱うパソコンということで、ある程度のスペックを備えておく必要があります。事務系オフィスソフトなどの一般的な使用を想定したパソコンならお手頃なものもありますが、もう少し上位機種を選んでいただくイメージです。

スペックが不足していると、作業中にカクカクしたり止まったりして余計な時間がかかってしまうことも。スムーズな作業のためには、パソコン選びは大切なポイントとなります。

◆おすすめのパソコンスペック
(2022年12月現在)

OS Windows10,11
64ビット
CPU Xeon または
Core i7/i9
RAM(メモリ) 16GB以上
グラフィックボード NVIDIA Tシリーズ
NVIDIA RTXシリーズ
Quadro など
ストレージ 最適なパフォーマンスのためSSD推奨

上記のうちグラフィックボードとは、映像処理に重要な役割を果たすパーツ。細かくたくさんの種類がソリッドワークスで認定されており、公式サイトで確認できます。

https://www.solidworks.com/ja/support/hardware-certification/

 

例として以下のPCが対応しています。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥590,001 (2023/01/27 20:23:34時点 Amazon調べ-詳細)

✏️Macは使えない?

Macユーザーの方、残念ながらソリッドワークスはWindowsのみ対応。Macには対応しておりません。お手元にあるMacでソリッドワークスを動かしたい場合には、Parallelsというアプリケーションを使ってWindows環境を用意してあげる必要があります。
ですので、これからPCを購入されるご予定の方は、特別な理由がない限りWindowsにされるのがおすすめです。

ソリッドワークスを独学用に入手

ソリッドワークスの一般ライセンス価格は、前述のとおり100万円以上します💧ですが、個人の勉強用などに使いたい場合にピッタリの格安プランも。
それが、

3DEXPERIENCE SOLIDWORKS for Makers

管理人
管理人

こちらは個人的なプロジェクトに最適な設計ツールとして用意されているもの。

  • 年間サブスクリプション:$99.00
  • 毎月サブスクリプション:$9.99

ドルベースなので若干の変動はあるかもしれませんが、これなら現実的な価格なので助かりますね!

毎月サブスクリプションのおよそ10ヶ月分が年間サブスクリプションに相当しますので、ある程度じっくり取り組むことを想定するなら年間契約の方がおトクです。あるいは、初期費用をできるだけ抑えたいなら毎月契約がおすすめです。

3DEXPERIENCE SOLIDWORKS for Makersの注意点は次の2点。

  • 利用対象者が限定されている
  • 作成したファイルに制限がかかる

利用対象者については、公式サイトに次のような記載があります。

3DEXPERIENCE SOLIDWORKS for Makersは、ホビーや非営利目的など、個人的な用途を対象にしています(1年間で2,000米ドルまでの利益は商業的使用とみなされません)。当社の利用規約に従って、個人的な用途向けにアイテムを販売することは認められています。
(引用:3DEXPERIENCE公式)

独学中はホビーという位置付けで問題ないと考えられますし、$2,000までなら多少の売買も可能ということになります。

管理人
管理人

本格的に使い始めるときは、職場のライセンスを使えばいいわけですから問題ないでしょう。

もう1点の「作成したファイルに制限がかかる」については、まずデジタル透かしが付けられます。そして、別のソリッドワークスプラットフォームでは開くことができません

例えば職場にある商用プラットフォームや、学生用のプラットフォームなどに転送して開くことはできないということです。

このように一定の制限はありますが、練習用として使うにはうってつけと言えるでしょう。

ここまで、パソコンとソフトの準備について解説しましたが、やはり自分で取りそろえるのは不安…!という方もいらっしゃるでしょう。

そんな時にはスクールの利用がおすすめ。スクールではスキル習得はもちろん、パソコンやソフトの準備についてもアドバイスがもらえます

今はスクールといってもほとんどがオンライン対応。通学の負担なく自宅で学べますし、CADソフト搭載パソコンをレンタルしてくれるところも。

おすすめのオンライン講座(スクール)を後ほどご紹介しますので、宜しければ参考にしてください。

STEP2:書籍で勉強する

STEP1が長くなってしまいましたが、独学のSTEP2「書籍で勉強する」にまいります。

最近ではWeb上に良質な動画教材も多くなってきていますが、まず知識のベースとして入門書を用意されることをおすすめします。

書籍はCADの操作方法について体系的にまとまっているのが特徴。「あれどうやるんだっけ…?」となった時に目次からすぐに確認できる点で、動画よりも優れています。

よく使いそうな機能や、注意したいポイントなど、自分なりに印をつけたり書き込んだりできるのも書籍の魅力でしょう。何点かおすすめを挙げておきます。

●よくわかる3次元CADシステム SOLIDWORKS入門

↑上記書籍のポイント

  • ビジュアルを多用して視覚的に理解できる
  • 身近なモデルの作成を通じて解説するから分かりやすい
  • 最新のソフトに対応

●よくわかるSOLIDWORKS演習-モデリングマスター編-<改訂第2版>

↑こちらも「よくわかる」シリーズ。
基礎より一歩進んだ「モデリング機能」に特化したテキストです。フィーチャー・パターン・マルチボディ・サーフェスなど、複雑な形状の構築に欠かせない機能について解説。演習形式で分かりやすく学べます。

なお、書籍の選び方については次に解説する「オンライン教材」と並行して選んでいく方法もあります。

例えば気に入ったオンライン教材が何らかの書籍を使っているのであれば、それを手元に用意した方が理解しやすいはずです。テキストと動画の合わせ技で勉強できるなら、より理解しやすくなること間違いなしです。

STEP3:オンライン教材で勉強する

STEP3は「オンライン教材で勉強する」です。

オンライン教材とは、インターネットを通じて利用できる教材のこと。解説ブログのように文面になっているものもあれば、YouTubeのように動画で提供されるものもあります。

一例をご紹介します。

独学SolidWorksラボ

―使い方や無料ソフトを動画と画像で徹底解説!

こちらは初心者向けに、ソリッドワークスの基本操作を解説するWebサイト。基本編INDEXだけで100ページ以上あり、かなりの機能を網羅していると考えられます。

各ページは文章と画像に加え、ポイントで動画も視聴できるのがありがたい!基本編を順番にこなしていくことで、無理なくステップアップできる構成となっています。

こちらは名前のとおり、ソリッドワークスの使い方をレクチャーしてくれるYouTubeチャンネル。

  • SOLIDWORKSの使い方 基本シリーズ
  • SOLIDWORKSよくある質問

という2つの再生リストで成り立っています。

最初は「基本シリーズ」からがおすすめ。基本シリーズでは、基本的な立体や回転形状などを作っていきます。さらに図面作成や、部品を組み合わせたアセンブリにもチャレンジ。

ネット上で探してみると色々な講座が出てくるかもしれません。ですがあれこれと手を出すよりも、「これ」と思ったものに絞って順番に取り組むのがおすすめ。その方が混乱なく学ぶことができるでしょう。

また、STEP2の書籍とオンライン教材は、どちらかを軸にして取り組むといいです。例えば書籍メインでYouTubeを補助的に取り入れたり、反対にYouTubeをメインにして書籍を復習に使う、などですね。

STEP4:分からないことはwebで調べる

STEP4は「分からないことはwebで調べる」です。

実際に勉強を始めてみると、操作エラーが出たり、どう対処していいか分からなかったりといったことがきっと出てくるでしょう。書籍を見てもなかなか解決しないことも。

そんな時は、webが強い味方になってくれます。

調べ方は簡単。Googleで「ソリッドワークス ○○××」と質問を入力するだけ。普段から検索している方法と同じですね。

管理人
管理人

ソリッドワークスは利用者がたくさんいるので、よくある疑問に対して回答してくれるブログなどのメディアがたくさんあります。

またソリッドワークス公式サイトでも操作サポートやヘルプが用意されています。ですが、自分の知りたいことにたどり着くのは容易ではありませんし、正直公式サイトより利用者ブログの方が分かりやすいことも。

ですから、シンプルにGoogleで一発検索されるのが一番おすすめ。そうすると、分かりやすいページから優先的に表示されやすくなります。

【挫折が心配…】自宅で学べるオンライン講座4選

挫折しないオンライン講座

管理人
管理人

本当は独学したいものの、何かと心配で踏み出せない方は多いのではないでしょうか。

  • パソコン選びが分からない💧
  • ソフトを自分で用意するのが面倒
  • 操作エラーが出たら困る
  • 結果、挫折しそうで怖い…😢

実際のところ、エラー対応などでつまずいてしまい、途中で挫折してしまう人は多いものです。職場でソリッドワークスに詳しい人がいれば別ですが、そうでない場合はなかなか難しい面があることは事実です。

ですが、最初にパソコンなどの投資が必要となるだけに、中途半端では終わりたくないですよね。それならば、もう少し投資をしてスクールの「オンライン講座」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

スクールというと、仕事をしながら通うのは大変というイメージがあるかもしれません。ですが、最近はスクールといってもオンライン講座がかなり充実。

管理人
管理人

自宅にいながら受講できるため、忙しい社会人でも学習のハードルは下がってきています。

ここからは、おすすめのオンライン講座4選をご紹介します。

比較的お財布に優しいところをピックアップしています。分割払いを利用できれば毎月のお給料からやりくりできそう。是非参考にしてみてください。

(各スクールの画像は公式サイトより引用)

 

ビズロードSOLIDWORKSセミナー【2日間で集中学習】

ビズロードSOLIDWORKSセミナー

✔️2日間のセミナーで集中学習

  • 2日間速習コースなら最短で、集中的にソリッドワークスを学べます。
  • 忙しい方、お急ぎの方におすすめ。

✔️着実にスキルアップできる通常コースも

  • 通常コースは講義だけでなく、課題と解説もセットで取り組むことで着実にスキルアップ。
  • こちらは約3ヶ月の受講が目安。

✔️安心のフォロー体制

  • 講義や課題で分からないときはメールにて質問対応し、修了までしっかりサポート。

ビズロードのSOLIDWORKSセミナーは、2日間という驚異的な速さで集中学習できるのが最大の特徴。
この速習コースは、

  • 会場受講(対面で受講)
  • ライブウェビナー(オンラインライブ)
  • eラーニング(いつでもどこでも視聴)

この3パターンが用意されており、おすすめは3つ目のeラーニング。

eラーニングなら2日間にとらわれず、いつでも自由に視聴できますし、eラーニング特価のおトク価格が設定されています。

ところで「2日間セミナーではさすがに不安」という方は、通常コースがおすすめ。

こちらは「講義」→「課題」→「解説」のサイクル1セット×12回、約3ヶ月で着実にステップアップを図るというもの。料金は74,800円(税込)です。

いずれもリーズナブルな料金設定なので、独学志向の方でも利用しやすいのでは。分からない時の質問対応があるので、独学とは安心感が違います。

スクール名 ビズロード
講座名 SOLIDWORKSセミナー
2日間速習コース
※3ヶ月の通常コースも有
講座の内容 ・通常コースの内容はそのままに、課題や解説の時間を省いて講義に特化した2日間講習
・基礎知識と基本設定
・小型液晶ディスプレイのモデリングと図面作成
・スケッチ
・データ管理と共有
・サーフェスモデリング
・応用・発展学習として隣接部品のモデリングの図面連動など
受講期間 eラーニング形式なら2日分のセミナーを1年間いつでも視聴可
料金 eラーニング特価
41,800円(税込)
セミナー後にスキル定着を図るための「復習パック」
33,000円(税込)追加可
受講形態 セミナー動画を好きな時に視聴
\ 実践形式のトレーニング!/
最速でSolidworksを習得するなら
Solidworksセミナーをチェック

今だけ無料お試しセミナーを開催中!

Winスクール【ソフト搭載パソコン貸与】

Winスクール

✔️レッスン専用PCを用意してもらえる

  • スクールの方でソフト搭載PCを用意してもらえるから大助かり!

✔️ライブ形式で個別指導

  • 自習ベースで分からない時だけ質問対応するスタイルではなく、授業中は作業を見ながらリアルタイムで指導します。

✔️授業はフレックス制

  • ライブ授業の日程は固定ではなく予約制。キャンセルや変更にも柔軟に対応。

Winスクールは、「人と人との個人レッスン」にこだわるIT系スクール。年間1,500社の企業研修に、17,000人以上の受講実績を持ち、豊富なノウハウで質の高い講座を展開しています。

Winスクールのオンライン講座は、通学講座と変わらない指導方法やカリキュラムが自慢。講師1名に最大4名までの少人数制で、手厚い個人レッスンを受けることができます。

何といっても注目なのは、ソフト搭載パソコンを貸与してくれること!最初の面倒な準備が一切不要となるため、どなたでも簡単に始められます。

スクール名 Winスクール
講座名 オンラインレッスン
SolidWorks
講座の内容 ・90分×20回(30時間)
※24回のじっくりコースも有
・基礎・スケッチ・フィーチャー・サーフェス・アセンブリ・2次元図面など
受講期間 3ヶ月
料金 ・入学金19,800円
・受講料196,900円
・教材費6,600円
・合計223,300円
(全て税込)
受講形態 ライブ授業による個別指導
(予約制)

 

ソフトキャンパス【初心者に寄り添う完全1対1】

ソフトキャンパス

✔️完全マンツーマンレッスン

  • 完全1対1で向き合ってくれるので、パソコン操作に苦手意識がある方に最適!

✔️PCなど学習環境は相談できる

  • PCやソフトはそろえる必要がありますが、体験版やレンタルなど相談しながら準備できます。
  • 無料体験レッスンで学習環境をチェックしてから講座に入っていくので安心。

✔️好きな時間に予約できる

  • 授業日程は固定ではなく、好きな時間で予約できるのは先ほどのWinスクールと同じ。

ソフトキャンパスは創業26年を迎えた実績あるパソコンスクール。全コースがオンライン対応しているほか、教室も東京・横浜・仙台・青森にあります。

ソフトキャンパスのCAD講座は、数多くのCADソフトを網羅し、資格取得まで対応するなど豊富なラインナップ。ソリッドワークスの講座は、基礎と応用の2つが用意されています。

授業は完全1対1で進んでいくため、まさに至れり尽くせり。これだけ手厚くて10万円ちょっとの料金なら良心的と言えるのではないでしょうか。

支払いはクレジットカードの分割払いにすれば、月々無理のない負担に抑えることもできます。例えば基礎講座だけ受講して、ある程度波に乗ってきたところで独学に切り替えるのも良さそう。

スクール名 Soft Campus
(ソフトキャンパス)
講座名 3DCAD(Solidworks)基礎講座
※応用講座もあり
講座の内容 ・全15コマ
・基本操作・ソリッドモデル・スケッチ・図面作成・アセンブリなど
受講期間 最短3日〜
料金 115,080円(税込)
※入学金等含む
受講形態 ライブ授業による完全1対1指導
(予約制)

 

CDIキャリアスクール【資格対策講座が充実】

CDIキャリアスクール

✔️通学もオンラインもマンツーマン

  • オンライン講座も完全マンツーマンでライブ指導。誰でも上達できます。

✔️格安版ソリッドワークス利用

  • 前述した個人利用向けライセンス3DEXPERIENCE SOLIDWORKS for Makersを案内してもらえます。

✔️資格試験対策講座が充実

  • 3次元CAD利用技術者試験2級、準1級などの対策講座が充実。
  • スキル習得と同時に資格も取っておきたい方におすすめ。

CDIキャリアスクールは、CAD・MOS・簿記の資格取得を目指せるパソコン教室。宮城・石巻にありますが、もちろんオンライン対応しており遠方からでも受講できます。

下表では初心者向け&リーズナブルな入門講座をご紹介しましたが、資格試験の対策講座も充実しているのが特徴。3次元CAD利用技術者試験のほか、ソリッドワークス専門の認定試験【CSWA】にも対応しています。

CDIキャリアスクールの専任講師は2名。少人数で切り盛りしておりアットホームな雰囲気なのも魅力です。

スクール名 CDIキャリアスクール
講座名 はじめて学ぶ3DCAD入門講座
講座の内容 ・基本操作から部品作成手順、修正方法など学ぶ
・スケッチ・フィーチャーなど
受講期間 2時間×6回(12時間)
料金 ・入学金5,500円
・受講料69,520円
(全て税込)
※教材費を含む
受講形態 ライブ授業による完全1対1指導
(LINEらくらく予約)

まとめ

ソリッドワークス 独学 まとめ

今回は、ソリッドワークスの独学について解説してきました。

独学で学ぶことは十分に可能ですが、ある程度時間をかけてじっくり取り組む必要があります。使い勝手の良いソフトではあるものの、やはり3DCADならではの難しさがあるためです。

単に教材を見たり読んだりするだけではなく、作業環境を用意して手を動かして覚えることも大切。パソコンとソフトをそろえるのは必須と考えましょう。

◆ソリッドワークスを独学する方法

  • STEP1:学習環境を整える
  • STEP2:書籍で勉強する
  • STEP3:オンライン教材で勉強する
  • STEP4:分からないことはwebで調べる

そして、効率的なおうち学習をサポートするオンライン講座もご紹介しました。

これらはパソコンに苦手意識のある方なら、なおさらおすすめ。基礎部分だけスクールを活用して、ある程度習得できたら独学に切り替えるのも良いかもしれません。

管理人
管理人

せっかく始めたのに挫折…なんてことのないよう、自分に合った学習法でソリッドワークスをマスターしていきましょう!


\週に1回3時間から通学可能/
プロから学び即戦力に!
今すぐ無料で資料請求>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました